日本でも楽しめる!オクトーバーフェスト2017

もともとは、ドイツのバイエルン州の州都であるミュンヘンで行われているビールの祭典、オクトーバーフェスト。

ミュンヘンでは毎年2週間ちょっとの期間で500万人以上の人が訪れ、700万ℓものビールを消費するというから驚きです。

しかも、子供も楽しめる立派な遊園地も併設されているとのこと。

これはぜひ本場のオクトーバーフェストに行ってみたい!と思ったことのある方もいるのでは?

しかし、オクトーバーフェストの期間はホテル代も高騰しますし、時期的に休みを取るのも難しくなかなか行くにはハードルが高いですよね。

そこで今回は、日本でも開催されるようになったオクトーバーフェストが実際どんなものなのか調べてみました。

日本のオクトーバーフェストってどんなもの?

それでは日本で開催されているオクトーバーフェストとはどのようなものなのでしょうか。

始まりは?

日本でオクトーバーフェストが始まったのはここ10数年のこと。
2003年まで日比谷シティで開催されていたドイツ旅行展が終了したことを機に、同場所でジャーマンフェスタが開催され、同年10月に横浜の赤レンガ倉庫でオクトーバーフェストが開催されました。

その後2006年に名称をジャーマンフェストからオクトーバーフェストに統一し、今では時期を問わず日本各地の会場で開催されるようになっています。

2017年の開催地は?

オクトーバーフェスト実行委員会が主催する2017年のオクトーバーフェストは、日比谷、お台場、奈良、東北で開催されます。

しかしながら、全国各地でオクトーバーフェストと名のつくイベントが行われているので、ぜひ近場で開催されていないか調べてみてください。

どういう内容なの?

ここでは、オクトーバーフェスト実行委員会主催のオクトーバーフェストの内容をお伝えしたいと思います。

オクトーバーフェストでは、デポジット制のビールジョッキを各自で持ち、ビールブースを回ってビールを購入します。

ビールの種類も豊富で飲み比べもできるから、自分が気にいるビールが見つかるかもしれません。

普段は飲むことができない種類のビールも用意されているので、気になるビールを見つけたらどんどん飲みましょう!

ビールの他に飲食ブースもあります。
本場の歌を聴きながら、ソーセージをつまみに楽しく乾杯。
ノンアルコールドリンクもあるので、お酒が飲めない人も安心ですね。

さらに、Tシャツやトートバッグなど可愛いグッズの販売も。衣装の貸し出しもあるので、みんなで着たら楽しい思い出になるかもしれません。

ルールを守って楽しく飲もう!

イベントを楽しむには、ルールを守ることも大切です。オクトーバーフェストでは、ビールジョッキはデポジット制になっています。割ってしまった場合は、返金されないので気をつけましょう。

また、飲食物の持ち込みは禁止されていますので注意が必要です。しっかりルールを守って、美味しいビールをどんどん楽しんでください。

日本で楽しんだ後は、本場ミュンヘンへ!

日本で予行練習した後は、本場ミュンヘンのオクトーバーフェストを楽しんではいかがでしょうか。

日本のオクトーバーフェストは、どちらかと言うと大人のイベントで、飲食がメインになっています。節度のない人もいるので、子供などはあまり連れて行かない方が良いかもしれません。

しかしながら、本場のオクトーバーフェストでは、飲食スペースに併設して大規模な遊園地が設営されています。巨大な観覧車を始め、ゴーカートや射的など子供が楽しめるものも沢山あります。ビールをたくさん飲んだ大人には同伴するのが辛いかもしれませんが、その分意識して節度を持ってイベントにのぞめるかもしれませんね。

コメントを残す